漫画の最新話のネタバレ・感想・あらすじをご紹介!

まんが愛

KING BOTTOM(キングボトム)

KING BOTTOM(キングボトム)【最新話】11話ネタバレ!小さいからこそ

投稿日:2018年12月24日 更新日:

週刊ヤングマガジン(2018/12/22発売)4・5号!「KING BOTTOM(キングボトム)」最新話 11話 ネタバレ感想を書きたいと思います。

ネタバレありの感想、あらすじなので、これから最新話を読もうとしている人は気を付けてくださいね。

「KING BOTTOM(キングボトム)」ネタバレ最新話11話の感想とあらすじ

前号( 10話)までのお話

合同練習会で、大技ドラグレスクの顔面着地を見せた底辺男子のハネル。

本人は大技と知らずにいます。

しかも、試技の時はマットを〇っぱいに飛び込むつもりでやってのける・・・。

だけど、他校の生徒には十分に印象づけられたハネルでした。

低身長だからこそ!

オレ少しは成長してるかもしれねぇ・・・。

合同練習での出来事を嬉しそうに底辺男子達に話すハネル。

だけど、友達のヤマは

「ハネルみてぇな小心者のチビが上を目指すなんてお門違いなんだよ」と、悪態をつきます。

ヤマは応援してくれると思ったのに・・とハネルは悔しそうにします。

そして、練習するために体育館に行くと、昨日の合同練習会に来ていた小学生の子が練習をしていました。

体育館に入ってきたハネルに、その小学生が声をかけました。

「黒羽くんもするの?練習」

ハネルはその小学生に声をかけました。

「すごいね、君、まだ小さいのにあんなに動けるなんて」

「僕、君の2コ上先輩なんだけど」

ハネルが小学生と思っていた少年は、ハネルの2学年上の先輩でした!笑

その小学生風の先輩は、昨日の合同練習会でハネルの点数の10倍だった佐ノ内先輩でした。

「この人、こんな体であんな高い得点をーー!?」と、ハネルは衝撃を受けている様子。

佐ノ内先輩は、ハネルに小学生に間違えられたことに「まあ、僕は地味だしね・・・」といじけています。

その後、ハネルのストレッチを佐ノ内先輩が手伝ってくれました。

ハネルは佐ノ内先輩にはなし始めます。

「僕みたいなチビの素人がレギュラーとか目指すっていったら、ア、アホですよね?」

佐ノ内先輩は、自分が小5まで野球少年だった話をしてくれました。

小さいからバカにされるし、体格に恵まれた人ばかりがレギュラーで挫折したそうです。

でも、体操ならトップクラスの選手の平均身長は160センチ~165センチで、他の競技より10センチ低い。

つまり、体操は低身長が武器になるんだ!

ハネルはすっかり元気を取り戻しました。

「巨人達に俺らチビだって、頂点とれるってことを!」と調子にのった発言を部長に聞かれてしまいます。

部長:「誰が、何をとるって?」

部長は続けます。「しかもバネ太郎ーチビが体操で不利だーー?」
「デカいのに頑張ってる俺を褒めやがれ」と、ハネルはデコピンをされます。

「チビが巨人を超えられるかやってみろよ!」と、声をかけてくれました。

部長は一見、怖そうですが良い人で良かったですね!

佐ノ内先輩が部長に話しかけました。「モップ持ってどうしたの?」と。

部長は「あの人が戻ってくるからよ」と。それを聞いた佐ノ内先輩がかすかにふるえています・・・

「体操部顧問の真澄先生が産休から戻ってくるんだよ」

佐ノ内先輩は・・・、魂が抜けた顔をしています。

真澄先生、そんなにヤバイ先生なんでしょうか?

11話の感想

なんか12話で出てくるであろう真澄先生、気になりますよね。

たぶん、恐ろしいほどの鬼っぷりなんでしょうね。

ですが、ハネルは真澄先生の指導でスゴイ飛躍を見せるのではないでしょうか?

これからの展開が楽しみです!

KING BOTTOM(キングボトム)12話は1月7日(月)発売の6号で!

KING BOTTOM(キングボトム)の最新話

Copyright© まんが愛 , 2019 All Rights Reserved.