漫画の最新話のネタバレ・感想・あらすじをご紹介!

まんが愛

土竜(モグラ)の唄

土竜(モグラ)の唄のネタバレ(634話)【最新話】『人の生命』

投稿日:

週刊スピリッツ4・5号(2018/12/24発売)【土竜(モグラ)の唄】の 634話(最新話)のネタバレ&あらすじをご紹介!

以下ネタバレありのあらすじなので、まだ最新話を読んでいない方はご注意くださいね。

「土竜(モグラ)の唄」最新話634話ネタバレ&あらすじ&感想

前号( 633話)のあらすじ

前話( 633話)の最後でヘヴンリー・アマゾネス号の船内が大混乱になりましたね。

「皆 焼け死ぬのよーーーーーーー!」

轟の時限爆弾作動のタイムリミットまで待ったなし!

ヘヴンリー・アマゾネス号船内は大混乱です。

4300人の命はどうなる?!

漢、日浦匡也(ひうら まさや)!

「行けぇえええええええ!!」

「フルスロットルだ!」

日浦匡也が舵を握って叫びます。

日浦は考えました。

機関室に仕掛けられた爆弾が爆発しても、沈没するまでに時間がかかる。

その間に奇界島の砂浜に乗り上げれば4300名の乗客の命が救える、と。

日浦雅也は菊川玲二の義兄弟で数寄矢会 直参の日浦組の組長です。

その日浦雅也が4300名の乗客の命を救うために奮闘しています。

しかし、奇界島までまだ遠い。

「奇界島へはいつ着くんだっ!」

と叫ぶ日浦。

奇界島まで18キロ。ヘヴンリー・アマゾネス号は時速41キロ。

あと15分で爆発するとしたら、8キロほど届きません。

日浦はマイクを取り上げ、海上保安部警備救難部の課長 藤城琢也に交渉します。

「聞こえるか藤城。」

「4300名の命を救いたければ、船をつなぎとめる綱でヘヴンリー・アマゾネス号を全速力で奇界島まで引っ張れ」と。

藤城:「チンピラの分際でオレに命令か?」

日浦:「チンピラじゃねぇ。人の生命が命令してんだ。」

藤城は日浦の要求を受け入れました。

というより、覚悟を決めたようです。

藤城が命令を出します。

「海上保安官全員に告ぐ!」

「巡視艇は左右二梃ずつに分かれて、ヘヴンリー・アマゾネス号に舫(もや)いを発射し、奇界島へ最速で誘導せよ!」

ニカッと笑う日浦。

ヘヴンリー・アマゾネス号の4300名の乗客の命、どうなるのでしょうか?

土竜(モグラ)の唄(634話)の感想

日浦と海上保安部の藤城の緊迫のやりとりがありました。

そして藤城の漢の決断。

巡視艇を左右二梃ずつにわけてヘヴンリー・アマゾネス号をひっぱる無謀にも思える救出作戦。

ヘヴンリー・アマゾネス号の沈没が先か、奇界島に座礁させるのが先か?!

次話(635話)は週刊スピリッツ6号に掲載予定です!

土竜(モグラ)の唄の最新話を見る!

Copyright© まんが愛 , 2019 All Rights Reserved.