漫画の最新話のネタバレ・感想・あらすじをご紹介!

まんが愛

バキ道

バキ道@19話ネタバレ【最新話】『金龍山の妙案』

投稿日:2019年1月17日 更新日:

週刊少年チャンピオン(2019年01月17日(木)発売)7号!「バキ道」最新話 19話 ネタバレとあらすじと感想をまとめます。

ネタバレありの感想、あらすじなのでこれから最新話を読む方は気を付けてくださいね。

「バキ道」ネタバレ最新話(19話)の感想とあらすじ

先週(18話)の内容

先週(18話)の話は 徳川邸で金竜山が協会からの退職劇について語りました。

前話を読んでない方は▼コチラ▼からどうぞ♪

この子(スクネ)がいなければ、この度の『退職劇』はなかった、という金竜山の言葉。

徳川邸で老師に語ったものですが、真意はどういうことなのか?

19話で語られるのでしょうか?

「バキ道」ネタバレ最新話(19話)のネタバレ

「親方…」と、金龍山に挨拶をするスクネ。

金竜山「もう親方ではありません」と静かに語りかけます。

「あなたは威厳にあふれた横綱でした」とスクネは尊敬の念を持って話ます。
「きれいな相撲でした」と。

金竜山は
「他人のことは知りません、」
「ただ、手心の期待にはことごとく『拒絶』をもって臨んだ」
「ただそれだけです」
ガチンコ相撲と呼ばれた所以ですね。

老師は金竜山にたずねます。
「このスクネに何をさせる、金龍山?」と。

金竜山は答えます。
「さきほど、スクネ君から『威厳』という言葉が出ました」
「まさにそこ」
「威厳を取り戻す、真なる國技の発揚です。」と。

老師は「おぬしのハナシはいつもどこか途方もない」と、困っている様子。

金竜山は「多少、荒っぽくなりますが、(胸に手をあてて)ここ、わたしのここに妙案があります」と答えました。

老師はたいそう驚いている様子です。

場面変わって街中。

スクネが道を歩いていた大関にストリート相撲を申し込みました。

大関には二人、お付きの者がいます。

一人がスクネの胸を小突きましたが、小突いたお付きの者がよろけました。

スクネはやる気満々です。

ギャラリーもただならぬ雰囲気を察してどんどん集まってきます。

警察まできて、拡声器で「そこの二人止めなさい」と注意されています。

大関はスクネのただならぬ雰囲気を察したのでしょうか?

浴衣を脱いで、スクネと待ったなしの勝負が始まります!

「バキ道」ネタバレ最新話(19話)の感想

オリバを一瞬で片づけたスクモですが、大関はどうでしょうか?

警察まで来ていますが勝負はできるか心配ですね。

金竜山の考えだと思いますが、国技を取り戻すこととストリート相撲はどう関係しているかなぞです。

来週の大関との勝負は見ものですね!

次回のバキ道(20話)は次週はお休みで、2019年01月31日(木)発売の週刊少年チャンピオン 9号に掲載予定ですよ!

バキ道の最新話

Copyright© まんが愛 , 2019 All Rights Reserved.